(Comment)をクリックすると感想書き込みのフォームが出ます。
2013年10月の日記

バンコク旅行の計画
12月にタイのバンコクへ行く計画を立てました。

従来の市内中心部ではなく、市内西南部のリバーサイドと呼ばれる、チャオプラヤー川のそばのホテルを選びました。センターポイント・シーロムというホテルで、少し贅沢をして66屬發△襪箸いΕ哀薀鵐疋妊薀奪ス・ルームを予約yしました。
中心部では自動車の渋滞がひどく、タクシーがまともに動かないほどひどいので中心部を囲んで流れる大河チャオプラヤーを運行するボートによる移動を中心に考えていいます。一般の観光客はタクシーの利用か、ツアーに参加しての観光が中心で、少し慣れた人たちはスカイトレインと呼ばれる高架鉄道、それと地下鉄などを利用しますが、もう一つの交通手段が運河交通とチャオプラヤー川の乗り合い船であり、運賃も安いので、バンコク市民の足として便利に利用されている様子。

最近できたアジアティークリバーサイドも近くですし、BTSのサパーンタクシン駅、ボート交通の発進基地サトーン船着き場の近くにある、センターポイントシーロムというホテルを予約しました。

バンコクの中華街ヤワラーへもボートでけるし、王宮やワットプラケオ、ワットポー、ワットアルンなどタイ国を代表する有名な寺院もボート交通で行く予定。
ホテルの下がロビンソンというデパートだったのが閉鎖になってるというのが少し残念ですが、周りに屋台やバーンラック市場などもある様子なので楽しみです。

チャオプラヤー川はチェンマイよりかなり北に水源を発し、タイをを南北に縦断する間に、いくつもの支流を集めて流れる大河で、1,000km以上も流れてきてシャム湾へ注ぎます。水が濁っているのが残念ですが魚は豊富に生育しており自然豊かな川です。

写真はグーグルから借用した近くの高層ビルから見ろした夜景。
左下の変形ビルが宿泊予定ホテル、その下はロビンソンデパート
中央に流れている川がチャオプラヤー川。シャングリラとペニンシュラは高級ホテル。

チャオプラヤー川を運行する乗り合い船

こんな様子が旅行する前に入手できるのがネット利用の良さ、便利です。
2013年10月28日(月)   No.197 (日記)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
2013年10月28日(月)
バンコク旅行の計画


[Admin] [TOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50